北海道帯広市にあるホームページ制作、WordPressの構築を手がける制作会社

ソラリンクのロゴ

お客様の声

公益財団法人 知床財団
公益財団法人 知床財団

世界自然遺産・知床の自然を「知り・守り・伝える」

公益財団法人 知床財団

2013年7月のリニューアルから7ヶ月。
ホームページをリニューアルしてどのような反応があったのでしょうか?
ホームページ担当の田中さんにお話しを伺いました。

まずは今回のリニューアルの背景からお話いただけますか?

 

リニューアル前のサイト

リニューアル前のサイト

以前のホームページは、「知床財団」と「知床自然センター」両方の情報が入り混じったサイトで、まずこの2つを別々のサイトに分けるというのが第一目的でした。

 

ただ分けるだけではなくて、「知床財団」という組織のイメージと、「自然センター」としての観光客向けのデザインにしたいと考え、制作会社を選考しました。

そこで、過去の制作事例を見ながら様々なタイプのデザインをされていたソラリンクさんにお願いしました。

 

 

制作するにあたり、どのような依頼をしましたか?

 

「デザインの刷新」と「CMS(更新システム)の導入」を依頼しました。

デザインは先ほどお話した通り、知床財団と自然センターの両方提案してもらいました。どちらも事業内容に合ったデザインテイストに仕上がったと思います。

リニューアルした知床財団のサイト

リニューアルした知床財団のサイト


リニューアルした知床自然センターのサイト

リニューアルした知床自然センターのサイト

 

CMSの導入ですが、今まではウェブ担当の私が専用のソフトを使って更新していました。

今回CMSを導入することにより、更新できる人が大幅に増え、「イベントの告知」や「道路交通情報」など、タイムリーに情報発信できるようになりました

 

イベントの告知

イベントの告知


道路交通情報

道路交通情報

 

 

 

 

ウェブ担当の田中さん。ネット環境があればどこでも更新可能。

ウェブ担当の田中さん。ネット環境があればどこでも更新可能。

公開して7ヶ月が経ちましたが、反応はいかがですか?

 

CMSの操作にも慣れ、情報発信の頻度が増えています

情報の内容によって更新する場所が決められているので、スムーズに更新できているのだと思います。

 

また、Facebookのいいねボタンも設置してもらったので、イベント告知の拡散にも役立っています。

実際に行った「蜜蝋キャンドルつくり」のイベントでは、Facebookで知って参加された方もいました。

 

 

最後に、今後の展望を教えて下さい。

 

今回は、リニューアル前のサイトを2つに分けることを第一目的としていて、しっかりと情報発信する場(土台)が出来ました。

これからは、今までなかなかウェブでは発信できなかった情報や、見ている人が楽しいと思えるようなページを新たに設けたいと思います。

ソラリンクへのお問い合わせはこちら

ソラリンクへの見積もり依頼はこちら

業種別

制作サポートエリア

ソラリンク株式会社は、帯広市を拠点とし、北海道全域(札幌、旭川、函館、釧路、苫小牧、室蘭、北見)をサポートエリアとしております。もちろん、メール・スカイプでの打ち合わせであれば、日本全国からのご依頼に対応可能です。

ソラリンクへのお問い合わせはこちら

ソラリンクへの見積もり依頼はこちら